« 山本君 | トップページ | ブラブラと・・・ »

2006年4月12日 (水曜日)

家なき子・・・

アパートを探しています。アパートの数は大変に多く、空き部屋もこまめに当たれば結構あるようです。ほとんどのビルの入り口には門番のおじさんが腰掛けていて、雑用をしたり、出入りの人間をチェックしています。

『部屋を探してますよ』という顔をしながら街をブラついていると、「apartment?」または「flat?」と声をかけてきます。「Yes」というと心当たりのところを案内してくれます。しかし、実際に部屋を見ると手入れの状態など、なかなか厳しいものがあります。その上、エジプト人の特徴で値段をかなり吹っ掛けてくるのでなおさらです。さらに、あちらはアラビア語でまくし立ててくるわ、こちらはあやしい英語で応じるわで話がぜんぜん進まない。

そんなわけでアパート探しに関しては、こちらの合気道の会員にも助けてもらうことにしました。『早く稽古を始めてほしいならアパートを探すのを手伝ってくれ』これは英語で何とか通じた。

日本の英語教育がどうのこうのという議論がありますが、今の中学生レベルでも十分コミュニケーションはとれますよ。アラビア語だらけの中で、英語の通じたときの、なんとありがたいことよ。でも、会話する能力とコミュニケーションがとれる能力は違いますからね。実際、うちの先生は強烈な関西弁で、南米、フランス、ロシア、アメリカ…で指導しておられるでしょう? …だからといって、それがアラビア語の勉強が進まない理由にはならないですが。

アパートの方は連絡待ち、ということにして今日は授業の後、町の散策に。(勉強せんかい!) カイロ・アメリカン大学で地図を買いました。入り口でIDカードを預けて、売店に荷物(風呂敷包み)を預けて・・・。

正門前のマクドナルド、ケンタッキー・・・、ピザハットの写真を撮ったところで警官に怖い顔で止められました。公共の場所での写真撮影にはくれぐれもご注意を。

2006041204 2006041205

|

« 山本君 | トップページ | ブラブラと・・・ »

コメント

やしきたかじんは外国のどこでも『関西弁』を貫くらしいです。

しかも意外と伝わるらしい・・・


やはり言葉ではない『なにか』で人はコミュニケーションをするんですね。

投稿: 副島@同志社 | 2006年4月14日 (金曜日) 午前 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家なき子・・・:

« 山本君 | トップページ | ブラブラと・・・ »