« 運転手付き・・・ | トップページ | 黄砂? »

2006年5月 6日 (土曜日)

「3」へのこだわり

イスラムの戒律には反しますが、酒と豚肉が好きです(若い、可愛い女の人も好きですが今日はおいといて)。

でも、ここエジプトでは(モスレム以外の人向けに)酒屋があって「国内産のビール」を売っています。私は『夜の仕事』で稽古前に夕食を済ませるので晩酌は出来ませんが、今日は金曜日、週に一度の休みなので「ちょいと一杯・・・」。酒の肴は牛の焼肉。栄養価で見たら牛肉よりも豚肉の方が優れていると思うのですが、ブタ肉もタブー。

エジプトに来て5週間ほどですが、そんな食生活にも意外と早く慣れました。日本にいるときはアルコールと豚肉は、ほぼ毎日飲み食いしていたのに。

以前、何かの本で読んだのですが、日本人は数字の『3』で物事を特徴づける、代表させることが多いそうです。曰く、三大美人。三大祭り。日本三景・・・。それに絡めて、こんなことを書いていました。日本にいるときに稽古の中でも時々話したことですが・・・。

曰く、芸事、習い事を始めるにあたって、それが自分に向いているかどうかの判断をどうするか? 『三日で向き、不向きが分かる』(三日坊主、なんて言います。) 『三ヶ月続けば、自分の生活サイクルの一部となる。』(稽古に行かないと気持ち悪い、とか。) 『三年続けば、一人前 (初段) となってで独り立ちできる。』 (板前の修業とか、落語や何かの内弟子とか、三年が区切りです。)

それでは、大学生が二年生の終わり頃に初段をもらうのは早すぎる?間違い?・・・そうではなくて、学生は、「卒業」しますから時間が限られていること。また、『幹部』として後輩の面倒を見て、後輩が昇段したら【仮免許】から名実ともに黒帯として認められる(その時期が丸三年目)、と考えたらすっきりするでしょう。

『新しい技を習ったら、繰り返し繰り返し毎日練習して、自分のものにするのに1ヶ月かかるんだ。』昔、師匠からよく言われたものです。ここでも1ヶ月、すなわち30日です。『そして、三段・・・ざっと9~10年で【プロ】として自分の看板を掲げてやっていけるんだ。』  私はもう27年目です。 ん~、つ、つらい。 そういえばこんなこともおっしゃっていました。『ある程度までは努力でカバーできる。でもそっから先は素質だ。素質はもって生まれたものだから、自分の力だけではどうしようもねぇ。』・・・納得。・・・してよいのか?

宮本武蔵の『五輪の書』に曰く、『千日の修行をもって鍛とし、万日の修行を錬とす』・・・ざっと3年・30年ですか。

人それぞれ、自分の身の丈にあったやり方が良いように思います。俺は・・・やっぱり『お笑い合気道』かな。

|

« 運転手付き・・・ | トップページ | 黄砂? »

コメント

おおおお その小野先生の「3」の話、、好きです。なにかと頭に残っております。

女性を落とすには「3の数字」で行けばいい!とかいうのも聞きます。。つまり3秒、3分、3時間、三日・・・・・。

映画「男はつらいよ」でのテキヤの口上でも

「三三六歩で引け目がない、産で死んだが三島ののお仙、お仙ばかりが女ごじゃないよ。 京都は極楽寺坂の門前でかの有名な小野小町が、三日三晩飲まず食わずに野たれ死んだのが三十三。とかく三という数字はあやが悪い。」

とか威勢よく言ってますね。

また、こんな話も聞きます。。

人従三師武芸高
不経一師
不長一芸

人、三師に従えば武芸高し
一師を経ずんば 一芸長からず。


ひとりの師から深く学ぶとともに、
自分よりも優れたものを持つ人を、すべて師と仰ぎ、広く吸収せよ。

って言葉があります。

あらゆるものを師として様々に吸収することが大事なのだ。 ということです!!

しかし、 この言葉は続きます。


似我者生、
象我者死

我に似せるものは生き、我を象るものは死す。


師の教えを守りながら想像を加えるものは成長し、
ただ模倣するものは死んでゆく。


学び取ったことを生かして、変化を加え、頭で考えることが必要なのです。

先人の教えは素晴らしいです。

投稿: 副島@同志社 | 2006年5月 6日 (土曜日) 午前 09時48分

ちなみにエジプト語で「3」は

「タラータ」

ですね・・・

投稿: 副島@同志社 | 2006年5月 6日 (土曜日) 午前 09時55分

副島さん、シビレるコメントをいつもありがとうございます。あなたのような「へヴィー」なファンが1人でもいてくれる、と思うとこの「アホげ」なブログも続けていけるというものです。これからもどうぞごひいきに…。

投稿: びっぐふぇいす@カイロ | 2006年5月 6日 (土曜日) 午後 06時20分

ありがとうございます。携帯とパソコンが破損せぬ限り、ブログを見続けます!!!

みんな恥ずかしくて書き込めないんですよ!!!

セブンイレブンバイトと授業のため、道場には土曜日しか行けないのですが、基礎を延々やるので最高です。

阿部先生の稽古も参加していきたいですが、まだ素人的感情なので恐れ多いです。黒帯を取ったら本格的に参加したいと思います。

さて、今日の土曜日の稽古に「合気会」の人々2人が来ました。

非常に軟弱で、技がはっきり言って違いました。

座法呼吸法で
「どんなことしてもいいから抵抗して起き上がってこい」
と言われたので、普通に首をつかんで、抵抗して起き上がったら何故か感動されました。

俺の呼吸法も嘘のように効いてます。
う~ん。。全然納得いきません。

小野先生の力強さをあらためて思い出しまくりました…。

投稿: 副島@同志社 | 2006年5月 6日 (土曜日) 午後 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「3」へのこだわり:

« 運転手付き・・・ | トップページ | 黄砂? »