« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金曜日)

グーグル

『グーグル・ローカル』 というサイトが面白くて好きです。世界地図が見られて衛星写真に切り替えられます。ニューヨークの自由の女神の『影』まで映っているのはオドロキ!これでクローズアップを使えばピラミッドやスフィンクスも見られる。次はカイロ市街。私の自宅周辺(職場=クラブの一つが、右下に見える)。 最後にオマケとして私の自宅周辺@大阪。

Photo_11 Google  Photo_12

Photo_7 Photo_10

Cimg2334 Cimg2335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水曜日)

カイロツアー3 シタデル編

合気道会員のアスカラニ君は大学生です。今は夏休み。そこで、私の「カイロツアー」に付き合ってくれることになりました。今回はその1回目。

『ムハンマド・アリ』といえば私などは『ザ・グレーテスト』の異名で知られるボクサーしか思いつきませんが、『近代エジプトの父』とも称される、エジプト史の『偉人』だそうです。まさにザ・グレーテスト。今回はそのムハンマド・アリの名を冠したモスク(ガァマ)を中心に見学しました。

カイロ市街を見下ろす「モカッタムの丘」の一角に「シタデル」の城塞があります。その中にモスクがある。「モカッタム」はカイロの街の最終防衛線だったらしい。・・・詳しい歴史的背景その他は「歩き方」やその他の事典など見てもらう方が間違いないですが写真を何枚か添付しましょう。

写真左から・・・

「元祖」モハメッド・アリ 

モハメッドアリ・モスク外観 : ミナレット(尖塔)は音響装置の無い時代に祈りの時間を知らせるために作られたのだとか。

ドームの内部 : イマーム(祈りのときの導師)の声を響かせる効果がある。内部にはコーランの教えが書いてある。

モカッタムの丘 : 左側面に斜め上(丘の頂上)に向かって水路が見えます。

水路:ナイルから10数キロ。モカッタムの丘に向かって水路が引かれていました。もちろん今は使ってないけど、歴史遺産として修復工事中。

Cimg2076

Cimg2075 Cimg2058

Cimg2134 Cimg2151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土曜日)

入門者たち

自分にはそんなつもりはありませんが、JOCVの隊員など『素人』から見ると「小野さんって腕が太いですよね~。」と見えるそうです。『そうかな?』と力こぶを作ってやると、「うわっ、すげー。筋肉のつき方が、なんかイビツですよね。」 『・・・』

合気道のクラブにはいろんな人が入門してきます。他の武道経験者も多いです。特に柔道が多い。青い道着が目立つのはその関係もあるみたい。ボディビルが趣味、というのもいます。『ミシュラン』のマスコットみたいな身体をしています。半分、こちらを試すつもりで来ているので、いいかげんな技ではどうにもならない。私の「イビツ」な筋肉も役に立たない。地味な動きに物足りなくてすぐにやめていく人もいます。そのかわり、一度『ハマる』と「センセイ、センセイ」と信頼されます。

「ジュードーやテコンドーもいい。でもあれは勝つためのゲームだ。勝ってメダルが欲しいなら他のスポーツをやればいい。今のジュードーには『嘉納センセイ』の哲学が無いが、俺は 【 philosophy behind the game 】を知りたいんだ。」

二十歳そこそこの「子」にこんなことを言われたら、オチャラけてばかりもいられないです。しかし元々が格闘技や日本に興味のある人たちですから、こちらも『マジメ』に向き合えば理解は得られます。ただ、『自分が合気道の中にいるからそういう人ばかりと接するのである。他の武道から合気道を見ると全く違う評価がなされているかもしれない。』ということは常に考慮しなければ『井の中の蛙』です。

基本、本筋というものを見失わないようにしなければいけません。もっと翁先生を( 技も philosophy も)勉強しなくては! 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金曜日)

パソコン

「ADSL リターン・マッチ」のとき、モデムを持ち帰って自分でインストールしようと試みました。付属の「目で見るインストールの仕方」CDをセットして、やり方を確認して、モデムのプログラムCDに入れ替えて、『指示の通り』に順番にセットしていったはず・・・。1時間経っても埒が明かない。【failed】の連発。

合気道の会員でカイロ大学工学部の学生がいます。彼、アスカラニ君は航空エンジニア志望。「僕の家は先生の家の近所だ。何か用があったらいつでも電話してくれ。」という言葉にあまえて電話しました。『 I am in trouble. I need your help.』

Windows のすごいところは世界共通の仕様(当たり前やけど)ということだと思います。以前通っていたネットカフェの店員もそうでしたが、アイコンの位置やデザインが同じなので画面が日本語であっても構わずにパコパコパコ・・・と操作していきます。

結局、同梱の部品(ノイズフィルター)が故障しているようである。ということで配線しなおしてくれました。そしてめでたくADSLは開通したのでありました。自分一人では何年かけても無理だったかも。お礼に日本手拭いと翁先生の写真をあげました。写真は私がCD-ROMに入れているものです。

『CDを貸してやるからコピーしていいよ。今度の稽古の時に返してくれればいいから。』というと「いや、今、これに入れて持って帰る。」と車のキーを出してきた。キーホルダーにはヴィクトリノックスの5cmほどのアーミーナイフ。その中からはUSBメモリ。パコパコパコ・・・。「Thank you. センセイ See you.」

音楽、絵画、書道、武道・・・は言葉の要らない共通語だと思いますが、コンピューターもまた、そうなのでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木曜日)

演武会

演武のため、『ザガズィッ』という街に行ってきました。カイロから北へ車で1時間ほど。『デルタ地帯』に入ったところにある街です。田畑も急に増えるし、農耕用や荷物の運搬用の馬・ロバも多く目につきます。

ザガズィッ柔道連盟の子供たちによる演武と表賞式の後、我々の演武です。着替えて、控えている時点で見物の子供たちが私たちの方を見て騒いでいます。「オマェ、何ていう名前だ?」 (生意気なガキが、と思いつつ)、『 アナ エスミ オノ。』 「シーニ?(中国人か?)」 『エル、ヤバーニ(日本人だ)。』 

「おい、日本人だってさ!」 「何?日本人?すげぇ!」 『(一緒に行った人に)日本人はそんなに珍しいのか?』 「彼らは、初めて見るはずだ。」 

リーダーのムハマドさんの演武の後、私の出番です。子供たちから「オノ!」「オノ!」 の大合唱。往年の「イノキ!」や「カケフ!」コールを想いだします。【炎のファイター】でも流せばよかったですな。

エジプト人は元々対日感情が良いのですが、柔道を習うような子達ですから、なおさら日本贔屓なようです。

演武会が始まったのは午後10時半。(9時半開始の予定だったがVIPの到着待ち) 終了が11時過ぎ。【打ち上げ】が終わったのが午前 0時過ぎ。(最終的に帰宅したのは午前2時でした。)

【打ち上げ】はエジプト風パイと紅茶(結局これが晩御飯になった)。パイに蜂蜜やサトウキビのシロップをつけて食べます。チーズも挟んだり。紅茶には砂糖をたっっっっぷりと入れます。理科の実験を見てるようです。

世話役に同行してきた奥様方は、離れたテーブルで子供たちと一緒に座っておしゃべりしています。見ていると、別れ際に抱き合っていました。でもお互いの顔はベールに隠れて見えません。「次に会ったときにどうやって判るんやろなぁ?」 ふと、Cimg2029 Cimg2038 疑問に思いました。今度、誰かに訊いてみます。

Cimg2039

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水曜日)

誇大広告

マァーディー・クラブの「合気道会員募集」のポスターです。

Cimg2049 「サムライ・アーツ&セルフ・ディフェンスを学ぼう。」と書いてあるそうです。

「ニホンジン・エキスパートによる、スーパーバイジングがある。」とも書いてあるそうです。

『エキスパートって、誰か来るのか?』

「小野センセイのことだよ。」

『・・・・。』

画像はどこかのWEBサイトから取り込んだそうですが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火曜日)

西瓜・スイカ・すいか・・・

ADSL開設記念に、写真のオンパレード。

合気道会員のシェリーフさんが「面白い写真がある」とメールで送ってきたものです。エジプトでは、果物屋でも路上でもスイカをよく売っています。これからが本格シーズン。「タネ」もよく食べています。

でも、こんな凝ったことはしません。

Att52100 Att52101 Att52102 Att52103 Att52104 Att52105 Att52106 Att52107 Att52108 Att52109 Att52110 Att52111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ADSL リターン・マッチ

『Mr. 小野。インターネットの会社に電話したわ。もう、何の障害も無くADSLとやらをつかえるわよ。』 という大家の婆さんの言葉を頼りに「ホンマかいな」と思いつつも 『リンク・ドット・ネット』 社に出向きました。 *1

・・・結果は以前と同じ。『「スギヤマ・サチコ」なるニホンジンの未清算金1500ポンド(=約30000円相当)が問題である。』 「しかし、私は4月に入居したばかりでそれとは無関係である。」・・・・・この間、約30分。『では、アパートの契約書のコピーを提出して、入居時期を証明せよ。それで、新たにあなたとの契約を交わそう。』「わかった。」 *2

・・・1時間後、同社にて第2ラウンド。『申請書類の作成は終わった。上司の許可が出るまで1~2日待て。』・・・3日目に督促の電話を2回。 *3

・・・1週間後、同社にて直談判。「私の契約はどうなった?」『許可は下りている。』「では今すぐ手続きをしてくれ。」『しばらくこちらで順番を待て。』「何故、私と同じ整理券、No.4が2人もいるのだ?」『アイム、ソリー』・・・・。 *4

Cimg2048 ・・・2時間後。『これがあなたのモデムである。インストールすれば今日からでもADSLは使える。ここにサインせよ。・・・英語でも書いてくれ。日本語では誰にも読めない。』 *5

・・・2時間後、自宅にて。インストールになんとか成功。2ヶ月近く、紆余曲折の末、やっと我が家にADSLが来てくれました。ニュースも見られるし、早いし安定してるし便利です。「スカイプ」もOK。スカイプ名は「bigface-ono」です。誰か電話ちょうだい☆  *6

*1 結果的に、この婆さんは何も分かっていなかった。

*2 同時期に着任したK氏にも同様の問題が起こった。しかも同じ『リンク』社!

*3 電話でこういうやり取りをする時、語学力の不足を痛感します。

*4 混雑、混乱を防止するために整理券を配っているのは良いが小さな紙片に手書きの数字!それもダブったり飛ばしてたり。呼び出しは肉声で聞こえにくい。あんたら、「インターネット」の会社でしょ。時代の最先端でしょ!

*5 嬉しくて記念に写真を撮りました。疲労と空腹のせいでピントがボケていますが。本体(黒い箱)は11×7×2cm。USBで接続。

*6 早いし、安定してます。今までは接続が切れたりしてメール1本に1時間、2時間ということもありました。

教訓 : 粘り強く、あきらめないで。強気で。

課題 : 実は昨日、洗濯機がイカレました。稽古が出来ぬ。ムム、一難去って・・・。

おかげで『リンク』社とのリターンマッチには勝ちました。が、なぜ客である私がこんな苦労をさせられるんでしょうかね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土曜日)

医者の不養生

Photo_4稽古の後、コシャリを食べに行った時の写真。 画面の左側で2人分のデザートを食べようとしている人はDr. シェリフ・マルグシ。お医者さんです。ウェストは推定2.5mほどあります。体重は不明。

「ショー・コスギのニンジャ映画はよく観たけど、やっぱり 『クロサワ』がいいな。セブン・サムライ、ツバキ・・・。センセイはどれが好きだ?」 「センセイはUFC(アメリカ発の総合格闘技)を観るか?あれは、始めの頃は異種格闘技だったが、今じゃUFCスタイルになってみんな同じだな。」 「今度、合気道の言葉を解説してくれないか?アガツ・マサカツ・カツハヤヒ、とか・・・。」

Dr.マルグシ。「俺の『ハラ』には脂肪じゃなくて、『キ』が詰まっているんだ。」と言う、エジプト合気道界のサモ・ハン・キン・ポー。愛すべきキャラクターです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金曜日)

アラビア語

Photo_5 私宛の郵便物の宛名の部分です。アラビア語の部分を無理矢理アルファベット表記にすると、こんなカンジ。

①  w n w A   y g n y k

                     ② d y r q    r g A n   e' r A sh   ∧  m q r

                     ③ n y s d n h m l A

                     ④ a z y g  l A

A は母音(あ、い/え、う/お)のどれかを表わします。w は『わ/を』に近い音を示します。各行は右から左へと読みます。∧ は数字の8です。したがって、

①ノオ ジンケ ② ドッリァフ ルギナ アリーャシ(通り) 8 ムカラ(番地)

③ ンーシデンハモ ルイ(定冠詞、イル、アル、エル・・・に聞こえる)

④ ザギ ルイ (ギザ県:三大ピラミッドのあることで有名)

ほとんどが子音の行列です。(k.m.n.s.t.d....みたいに) 発音記号がないと外国人には読めないです。発音記号は小学校の教科書(文法を習うため)や、コーランなど特殊な場合を除いて普通は書いてない。現地人が読めるのはその言葉を「知っているから」見当がつくんだそうな。

今日、3歳の女の子に「エンタ、エスマック、エー? (what is your name?)」と訊かれました。「おー、この間習った構文そのままやなぁ。」と妙に感心してしまった。 道はまだまだ遠し。

でも、彼らに言わせると「日本語はカタカナ、ヒラガナ、それに漢字まで。多すぎるよ!アラビア語のアルファベットはたったの28文字だぜ。」ということになるのですが。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木曜日)

ハーレーショップ

私はバイクに乗るのが趣味ですが、何ヶ月も乗っていません。好きなメーカーはカワサキ。Z400LTDに始まって、エリミネ-ター750、Z750ターボ、ゼファー1100・・・。あぁ、なつかしや。

こちらには、「ハーレー・ダヴィッドソン」のショップがあります。でも、ハーレーが走っているのは見たことがありません。台湾製?のアメリカンタイプはちょくちょく見ますが、スポーツタイプのバイクはあまり多くない。

走っているのは宅配用(ピザ、ハンバーガー、スーパーマーケットetc)のべスパなど、実用車がほとんど。べスパは多いです。今日は残念ながら見かけませんでしたが、3人4人 乗りも多いです。オヤジが運転、ステップに子供を立たせて、後ろに嫁が赤ちゃんを抱っこして乗ったりする。 

国産車も活躍していますが、こいつは1馬力。観光用よりも荷物の運搬用に活躍しています。道路を汚すのが難点ですが。

Photo_2 Cimg2003 Cimg2005 Photo_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水曜日)

「ハナ」は「幸せ」

アラビア語のテキストは色々な場面を想定して作られています。その中に、レストランでウェイターが「どうぞ召し上がれ。」と言いながら料理をサービスする場面があります。しかし、私がよく行くサンドイッチ屋は「オノ!」と言いながら皿を突き出してきます。現実は 『少し』 違う。なかなか教科書通りにはいかないものです。

「どうぞ、召し上がれ。」は「イトファッダル。ビル、ハナ、ウィ、シェッファ。」と言うそうです。(私は聞いたこと無い。) 「さあどうぞ。幸せで、健康でありますように。」という意味だそうです。「ハナ」 は 「幸せ」 という意味。

Photo Photo_1 今、私の部屋の壁に、『翁先生と阿部先生と齋藤先生の似顔』を額に入れて掲げています。道場のマシュー@NOVA  さんからもらったものです。マシューさんの娘さんの名前が「ハナ」ちゃん。この子が実に可愛い☆ テキストを(久しぶりに)見ていて想いだしました。 『ハナちゃん』も名前の通り、『幸せ』で、そして健康でありますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

羨ましいの?

【初体験=散髪】の日の夜の稽古にて・・・

注1.ムハマド氏はこちらのリーダー。「お祈り」の列の一番手前の人。

注2.シェリフ氏は「合気道には頭をつかむ技はないのか?」と聞いてきた人。

注3.○○にはアニメ『サザエさん』の登場人物名が入ります。

以上を踏まえまして・・・・・・。

ムハマド 「センセイ、散髪したのか。幾らだった?・・・20ポンドは高いぜ。お前のヘアスタイルは簡単だ。」    

私  「簡単なのはお前の頭やろが!この○○頭!」・・・とは思ったものの、こんなことで両国の友好関係に悪影響を及ぼしてもいけないので、「そうかな?」と言うに止めました。

シェリフ 「センセイ、今度床屋に行くときは必ず俺に言え。そして、カットした髪は捨てずに俺にくれよ。」

フッフッフ・・・。ついに本音が出たな。

『やっぱりビッグフェイス割り増し料金だったのかいな?』と、一抹の不安はよぎったが、やはりそうだったか。しかし、カイロの強い日差しの下、帽子も被らずに歩いてたら髪の毛の傷みもハゲしかろうに。男性で帽子を被っている人はほとんど見ないのは何故でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月曜日)

初体験

散髪に行きました。『「切る」は「アタァ」、「短い」は「ウサイヤル」か・・・。』 などと前日から少々緊張していました。結局、髪の短いときの写真をみせて、『ケダ( like this )』 「OK」。

Cimg1982「where you from?」,『 il yabaan.(ニッポン)』  「good people」 『shokuran(アリガト)』 「・・・」 『・・・』 会話が弾まない。 だからといって、「お客さんは顔も頭もデカくて毛も多いから割り増しですぜ。」なんて難しい構文で話しかけられても困りますが

20分余りでカット終了。料金は20ポンド(400円相当)。相場並みでしょう。顔や服に付いた毛は、ブラシとドライヤーで掃除する。

帰り道、後ろから「ミスター・カラァテ!」と呼ぶ声が聞こえる。『東洋人と見て、空手じゃ柔道じゃとからかいに来よったな。』 と振り返ると、以前世話になった不動産屋のオヤジだった。『このおっさんから見たら、柔道も合気道も空手もみんな一緒やな。』などと思いながらも、『アッサラーム・アレイコム』と握手をかわす。「元気か?これから仕事か?」『アイワ(yes)』・・・。 昨日よりも少し、この街の『住人』として認められた、溶け込んだ気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日曜日)

結婚式

時々、白い大きなリボンや色とりどりの花でボディーを飾った車を見かけます。「あれは結婚式の車だ。」と教えてもらいました。「プープープププー」と、リズミカルにクラクションを鳴らしながら走っていきます。友人たちの車、周りを走っている車、すれ違う車も同じようにクラクションを鳴らして賑やかに祝福します。夜の12時過ぎだというのに。

チャペルに人だかりがしているそばを通ったことがあります。「結婚式だ。」「今、夜の11時過ぎだぜ。」「昼間は暑いし、忙しい。」

もう一ヶ所、明るい所で人だかり。「結婚式だな?」「違う、あれは葬式だ。」 日中、先に埋葬してから、夜にお悔やみに来るそうです。それにしてもいやに照明が明るい。

結婚式に限らず、例えば先日のようにフットボールのビッグマッチがあったり、何か大きなパーティーがあると、車はクラクションを鳴らして走り回ります。街中やかましいですが飲酒運転の心配だけは無さそう。私の耳には「プープー」又は「プァープァー」と聞こえますが、こちらの人には「ティーティー」と聞こえるようです。『ワンワン』と『バウワウ』の違いみたいな。クラクションの音色もアラビア語かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土曜日)

お祈りの時間

イスラム教では、一日5回、お祈りの時間があります。家の中で、職場で、モスクで人々は『神=アッラー』に祈りを捧げます。

クラブによっては敷地内に『モスク』を持っているところもありますが、多くの場合、道場の中でお祈りをしています。季節によって時間が変わる(日の出と日没の時間に依る)ので稽古の時間内に掛かることもありますが、その辺は柔軟に対応します。お祈りの時間をずらしたり、休憩を挟んで先にお祈りを済ませたり。

お祈りは、一通り終わるまでに15分ほどかかります。私はその間、傍でいすに腰掛けて見ているのですが、そこには冒しがたい空気が流れています。独特のリズムと言葉の響きを聞いていると『コーランはアラビア語でなければならない。他の言葉に訳してはならない』という理由が分かるような気がします。

お祈りをリードするのは、帯の色や年齢よりもコーランの熟知度のようです。時々、「いや、私よりあなたが・・・」と譲り合ったりしているのは微笑ましくもあります。

イスラムの掟では頭を下げる対象は『神=アッラー』だけ。国や個人によっては稽古の時の「礼」を拒否する人もいるとか。でも、ここでは『掟は掟、ルールはルール。』として「センセイに、礼」で稽古を始めて、終わりにも「礼」をします。

601_009 601_010_1

601_011

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金曜日)

昼ごはん

こちらの『ランチタイム』は遅いです。午後1時スタートは早い方。先日、ピラミッド見物に行ったときなど、「センセイ、ランチには何を食べたい?」と訊かれたのが3時頃でした。

2時頃には学校も終わるので、サンドイッチ屋は混雑します。サンドイッチは日本円で30~200円ぐらい。マクドナルドはもっと高くて日本と値段が変わらない。私は、ローカルのサンドイッチ屋をよく利用しています。

Cimg1971_1 Cimg1973_1

サンドイッチ屋の親父、最初は胡散臭そうな顔でこちらを見ていましたが、「お前、どこから来た?名前は?」というお決まりの質問にアラビア語で返事をしてアラビア文字で書いてやったらすっかり打ち解けて『常連さん』の仲間入りが出来ました。

自炊の手間と天秤にかけると、・・・外食もOKかな、と。外食には困らないぐらい店の数も多いですし。『カイロは大阪みたい』と言われたのもうなずけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木曜日)

ユセフ坊や

私の年代は『ユセフ』といえば『トルコ』と連想が・・・はたらくのはプロレスファンだけ、か。ユセフ・トルコ。沖識名と並んで懐かしい名前です。最後に見たのは、『猪木vsウイリー戦』だったかしらん。

こちらの合気道の会員に『ユセフ君』がいます。Cimg1970 小学生(10歳)ですが、とても熱Cimg1966 心で器用です。日本に連れて帰りたいぐらい。 

『この子は、できるだけ鍛えてやろうと思います。可愛いし・・・。』と、いっていた少年が昔、我が羽曳野道場にもおりましたな。可愛い『子猫』だと思い込んで皆で世話をしていたら、気づいたら『ライオン』になっていて危うく食い殺されそうになった子が。彼は元気でやっているのでしょうか?

エジプトの『ユセフ・幸一朗』はどこまで強くなってくれるだろか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水曜日)

押し掛け

バイクでさえスクーターが主流になっている昨今、『エンジンの押し掛け』なんて見る機会も無くなりました。ましてや乗用車となると・・・。

カイロの渋滞は慢性的です。警官が交通整理に当たっても効果はイマイチ・・・。渋滞緩和のために高架道路もたくさん作られていますが、合流部分で混雑するのはどこも同じようです。

バスに乗っていました。本線に合流する緩やかな上り車線で渋滞。・・・動き出したと思ったとたんにすぐ止まった。どうやら、すぐ前のタクシーがエンストしたらしい。何度キーをひねってもエンジンは掛からない。1車線なので避けようもないしバックも出来ない。バスが後ろからタクシーを押して動かそうとしたが、車体の高さが合わない。・・・業を煮やしたバスの乗客が二人、タクシーのトランクの上に後ろ向きに、バスに向かって足を突っ張るようにして座った。バスはそろ~っと前進して彼らの足を押す・・・。と、少しずつタクシーは動いて・・・、エンジンが掛かった。タクシーは去って行き、渋滞は解消した。これにて1件落着。

日本だったらどのように解決したでしょうか?JAFを呼んだかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火曜日)

ある日の献立

衣食住、と一口に言いますが、私は『食』が一番重要だと考えています。

食べることに無神経な人間は生活全般においてだらしなくて信用できない、とさえ思います。 動物はその歯の本数に比例して食物を摂る、という考えがありますが、全く理に適っていると思います。私は『焼肉』が好物で、食事内容が肉食に偏りがちになるので、努めて野菜を摂るように心掛けています。

今日のメニューは『モツ』(600円/kg)の焼肉と野菜のスープ。野菜は白菜、玉ネギ、ニンジン、干し椎茸、ニンニク。ホウレン草は冷凍食品を使った。適当な大きさに切って固まったまま入れる。「わら屑みたいなのが混じってるなぁ」と思いつつ、そのまま煮込んだ。さぁ食べましょ、とスプーンに取ったら・・・。Cimg1949 どうやらCimg1951 葉っぱの中に紛れ込んでいた『虫』も一緒に冷凍処理をしていたみたい。こんな動物性タンパク質は遠慮したい。それにしても・・・。ちゃんと洗えよな~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月曜日)

スカラベ

小学生の時、『世界の名著』などという本が学校の図書室にありました。『ファーブル昆虫記』とか・・・。その、一番初めに出てきた昆虫は『スカラベ=フンころがし』ではなかったかと記憶しています。

古代エジプト人はこの『フンころがし=スカラベ(タマオシコガネという黄金虫の一種)』の押す、直径数cmの『糞球』を世界の像ととらえ、孵化してその中から出てくるこの虫を創造神の化身、不滅の魂と考えていたとか。

今でも置物やペンダントトップなどの土産物としてよく売っています。603_006 これ(写真)602_a004 をくれた人は「ラッキー・ビートルだ。」と言っていました。一種のお守りでしょうか。この色は『エジプシァン・ブルー』というそうです。

それにしても昔の人々は『地球は丸い』ことを知っていたのですね。それが、何千年後の日本で『フォーリーブス』の歌になるとは・・・。( 『地球はひとつ』 この歌を知っている人は40代も半ば過ぎの世代ですね。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日曜日)

復活・・・?

6月です。暑いですね。昨日のカイロは45℃あったそうです。

日本では恒例の演武会も近いでしょう。もう、終わったか?私にとっては、1年間で唯一『真面目にやる日』でした。なにしろ家に帰ってからの『ダメ出し』が厳しかった。そのかわり、今年はJICAのイベントで『合気道の演武』がありました。結構好評でした。(例年同様)一番目立っていたし。

602_003腰の状態は100%ではないものの、痛がってばかりいてもしかたないので、朝の素振りを再開しました。『スーパー木剣』再登場。

気分を変えるため(本当は評判が悪かったから)ヒゲも剃りました。ますますイヤラシそうな顔になったかも。  さてここで問題。私が剃ったのは、①髭 ②鬚 ③髯 のどれでしょうか?

Cimg1930 601_013

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土曜日)

日本武道vsテコンドー

先進各国に『青年(シニア)海外協力隊』のような組織があります。元々はアメリカの『Peace Corps(ピース・コー =平和部隊 映画『フライング・ハイ』にも出てきた)』が、発祥のようですが。

日本では JICA(Japan International Cooperation Agency) の事業です。これが韓国では『KOICA』という名前だそうで、ここエジプトにもたくさんの隊員が派遣されています。日本より多いぐらいで韓国のパワーが感じられます。

スポーツの関連では、韓国パワーの象徴はやはり『テコンドー』ですね。ソウル五輪を契機にすさまじい勢いで世界中に普及しています。一般の認知度も高くて、各種の大会も盛んに行われているようです。我々から見るとややマイナーで、空手のほうが普及しているイメージを持ちがちですが、以前いた(18年前)パプア・ニューギニアでも「カラテ」よりも「テコンドー」でした。やはり、オリンピック種目は普及しやすい。メダル圏内なら国から補助も出やすい。

柔道に関して言えば、ロス五輪以来、エジプトでは『ラシュワン選手』はこの国のヒーローですし、柔道競技は盛んに行われています。レベルも高い。ラシュワンを育てた、講道館の山本先生はエジプトの柔道家にとって伝説の偉人です。

(いわゆる、胴着を着て行う)『武道は日本が(実力も競技人口も)一番』なんてのは全くの認識不足である。ということは一歩外に出てみればすぐ分かることです。今時、日本が一番なんてこと言う奴はおれへん・・・かな?とにかく、伝統への過信と思い込みは禁物。この国における『韓国パワー』は車や電化製品に止まりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金曜日)

掴み技

翁先生は、「強くなりたければ掴み技を稽古せよ」とおっしゃっていたそうです。

日本の我々の道場でも手首を強く握ることから稽古を始めています。そうするうちに、何年か経つと手首の部分に毛が生えてきます。うちの家内も付き合い始めた頃は(今でも?)私の手首を見て気味悪がっていました。師匠からは「毛が生えて、それが擦り切れるぐらい稽古しろ。」とよく言われました。

・・・という話を先日の稽古でしました。『日本人じゃ、手首を見て【アイキドーカ】(合気道家)を見分けるんだゼ。』と。

すると、ジョーク好きで頭髪の寂しくなりかけているシェリーフさんがすかさず、「センセイ、合気道には頭を掴む技は無いのか?」と訊いてきました。髪の悩みは万国共通、かな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »