« 復活・・・? | トップページ | ある日の献立 »

2006年6月 5日 (月曜日)

スカラベ

小学生の時、『世界の名著』などという本が学校の図書室にありました。『ファーブル昆虫記』とか・・・。その、一番初めに出てきた昆虫は『スカラベ=フンころがし』ではなかったかと記憶しています。

古代エジプト人はこの『フンころがし=スカラベ(タマオシコガネという黄金虫の一種)』の押す、直径数cmの『糞球』を世界の像ととらえ、孵化してその中から出てくるこの虫を創造神の化身、不滅の魂と考えていたとか。

今でも置物やペンダントトップなどの土産物としてよく売っています。603_006 これ(写真)602_a004 をくれた人は「ラッキー・ビートルだ。」と言っていました。一種のお守りでしょうか。この色は『エジプシァン・ブルー』というそうです。

それにしても昔の人々は『地球は丸い』ことを知っていたのですね。それが、何千年後の日本で『フォーリーブス』の歌になるとは・・・。( 『地球はひとつ』 この歌を知っている人は40代も半ば過ぎの世代ですね。)

|

« 復活・・・? | トップページ | ある日の献立 »

コメント

いつも楽しく拝見させていただいていましたが、初めて書き込みします。

紀元前のピタゴラスやアリストテレスは地球が球である事を知っていたのに、中世の「最新」の常識では世の中は円盤状だったなんて笑い話を耳にしたことがあります。
でも、「最新」の鉄筋コンクリートよりもヒノキのほうが丈夫で長持ちなんて話を聞くと、団栗の背比べなのかな、なんてわが身をふりかえります。

祖先の知恵恐るべし。

投稿: 佐藤@大府38 | 2006年6月 6日 (火曜日) 午前 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカラベ:

« 復活・・・? | トップページ | ある日の献立 »