« ADSL導入計画のその後 | トップページ | 日本武道vsテコンドー »

2006年6月 2日 (金曜日)

掴み技

翁先生は、「強くなりたければ掴み技を稽古せよ」とおっしゃっていたそうです。

日本の我々の道場でも手首を強く握ることから稽古を始めています。そうするうちに、何年か経つと手首の部分に毛が生えてきます。うちの家内も付き合い始めた頃は(今でも?)私の手首を見て気味悪がっていました。師匠からは「毛が生えて、それが擦り切れるぐらい稽古しろ。」とよく言われました。

・・・という話を先日の稽古でしました。『日本人じゃ、手首を見て【アイキドーカ】(合気道家)を見分けるんだゼ。』と。

すると、ジョーク好きで頭髪の寂しくなりかけているシェリーフさんがすかさず、「センセイ、合気道には頭を掴む技は無いのか?」と訊いてきました。髪の悩みは万国共通、かな。

|

« ADSL導入計画のその後 | トップページ | 日本武道vsテコンドー »

コメント

例の通称「合気道のブラックベルト、『合気毛』」というやつですね。

まだまだ生える気配がありません。当たり前ですけど。

そもそも、僕はあらゆる毛が薄いです。髪の毛も全体的にないですし・・・。

悲しい。

投稿: 副島@同志社 | 2006年6月 4日 (日曜日) 午前 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掴み技:

« ADSL導入計画のその後 | トップページ | 日本武道vsテコンドー »