« ピクニック 2 | トップページ | シェリーフさん ⑥ 英語講座 »

2006年8月28日 (月曜日)

交通事情

エジプトの交通事情については、過去何度か話題にしましたが、あらためまして・・・。車、バイクに興味なければ退屈かも知れませんが。

乗用車は、【年代物】の車両も元気に?走っています。日本車でいうと初代のコロナ・マークⅡ(「イーグルマスク」のモデル)とか、ルーチェ「AP」とかも見かけます。最新型の車ももちろん多いし、4WD車はこの地でも人気です。チェロキー・JEEPはちょくちょく見ます。メルセデスやリンカーン、シトロエンの四駆や「ハマー」なんてのも走ってますが、そういうのは超・お金持ちの中東湾岸諸国(サウジとかクウェートとか)の人か、外交官のナンバーが多いようです。Cimg3488a Cimg3489a

自家用車でよく目に付くブランドはフィアット、プジョーなど。近年は韓国の「Hyundai」がエジプト国内に工場を作ってキット生産することでシェア26%を達成しているそうです。一般に、車両メンテナンスは悪くて、タクシーも含めてメーター類がはたらいてない車が多いです。窓のノブが取れていても気にしない。・・・という人もいれば中にはきれいに使っている人もいます。7:3ぐらいのイメージ。

運転免許は一度取ると更新は10年後。交差点にはほとんど信号は無くて、あっても信号よりも実際の車の流れに従っています。運転は3車線を4台が並走するような走り方です。 「先ず、わしが通るんじゃ。」という運転です。クラクションを実によく鳴らします。「そんなに使ったら回線が焼き付くで。」と心配なぐらい。警察の車両にさえパッシングしたりクラクションを鳴らしたりします。 ドライバーの100%がそうだというのではなくて、目立つということです。

女性ドライバーも多いです。男性からは非常に評判が悪い。道を知らない。運転が下手。意表をつく車線変更・・・。「携帯」で喋りながらの運転は男性、女性とも多いですが。交通事故は年間130万件。事故の死者は5万人にのぼるそうです。(アスカラニ君の情報による)

『中東戦争』でイスラエルとの間に何度目かの『緊張状態』が起こったときのイスラエルの国防相のセリフ・・・。【エジプト人たちの運転マナーが向上して、カイロの渋滞が解消されるまでは慌てなくていい。奴らには秩序ある、統率の取れた行動は出来やしない。】  

白バイというと日本では「交通取締り」のためにはたらいていますが、ここでは一般のパトロールと警官の移動手段だけになっているように思います。パレードや要人警護には活躍するのでしょうが。パトロールだけにしてはFZ750 (ヤマハ) はいいとして、BMWのK100はもったいない。先日はYAMAHA  V-MAX のポリスバイクを見かけました。 ← オートバイに興味の無い人にはなんのこっちゃ分からないでしょうけど、たとえばフェラーリでコンビニに行くというか、八尾空港にジャンボジェットを乗り入れるというか、とにかく・・・あぁもったいない。

事故の抑制、渋滞の緩和のためには、ドライバーの安全運転の啓発にもっと予算を投入すべきだと思うけどなぁ。あと、安全に道路を横断できるように国民に合気道を義務付けるとか。 この国の唯一の救いはイスラム教のおかげで「飲酒運転」の心配が無いことです。・・・でもホンマに唯一、やな。

|

« ピクニック 2 | トップページ | シェリーフさん ⑥ 英語講座 »

コメント

すごいっすね。
........そっちで車運転すんのは勘弁ですわ。

今、免許取ろうと、教習所通ってますよ!!9月中には、免許取れる予定です!!いつか後ろに乗って下さいよ。華麗な運転を見せますよ!

.....まぁ。今は、坂道で後退必至ですけどね。

投稿: 珍獣 | 2006年8月28日 (月曜日) 午後 04時28分

珍獣君

君の「ノリ」の良さならすぐに順応できるから心配は無用。
その上、こっちには【学科試験が無い】から安心しなさい。
それにしても、バイクじゃあるまいし、何故「隣り」ではなくて「後ろ」なのですか?
ちなみにこちらのタクシーは運転手の「隣り」に座ることが多いですが。

投稿: びっぐふぇいす | 2006年8月28日 (月曜日) 午後 06時19分

中国から福岡に帰国⇒胃が逝く⇒バイクで京都帰宅⇒あまりの体調不良のためにおじさんの病院まで新幹線でとんぼ返り

そんななかで今は復活し、元気に毎日合気道を絶好調で続けてます。
よく20歳ぐらいの人が「おれももう歳や~・・からだが動かない」とかカッコつけて嘆いていますが・・俺にはまったくわかりません!俺は完璧に完全に絶好調なのに・!!!

交通ルールin上海はめちゃくちゃでした!!天才的ドライビングテクニックのタクシーの間を、これまた天才的ライダーが逆走しまくっておりました。これはエジプトもおんなじでしょう。

白バイは確かにいましたが、ヘルメットかぶってないので信用できないやつらやな・・と思ってました。しかも「こいつらは一体なにを取り締まってるんだ」とはげしく疑問を抱かせてくれました。

もっとも驚いた交通ルールは、いつでも右折可能ってことです。これは身の危険を感じました。

道端で無料でもらえる日本向け情報誌に「サークル紹介」の部分がありました。父親いわくいつもここに合気道の記事が書いてあるらしいです。残念ながら発見できませんでしたけど。

とにかく、交通ルールの破天荒ぶりや熱気が、今の中国経済を象徴しているかのようです。上海を中心とした300キロ以内に1億人以上が住んでいるなんて・・・・5000万人以上が年収一千万なんて・・・凄まじい格差社会ですが、我々は彼らに経済的に勝つことができるのしょうか。そんなことを思いつつ、体の変更をがんばる毎日です!

もうすぐ合宿です!

投稿: 副島@ホンマに男の子です | 2006年8月29日 (火曜日) 午前 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通事情:

« ピクニック 2 | トップページ | シェリーフさん ⑥ 英語講座 »