« 贅沢な一日 | トップページ | 出前一丁 »

2006年11月28日 (火曜日)

エビオスと正露丸

日本では「ノロ・ウィルス」による、食中毒が流行の兆し・・・、と昨日のABCラジオ(web site の放送がある)で道上洋三さんが言ってましたが、家内の滞在中に一番注意していたことも『お腹の具合』でした。
私も赴任当初は下痢で苦労したことがありますし、どうしても『土地の水に慣れる』には1週間ほどかかるみたいです。今でも私は水道水を煮沸して飲んでいます。

エジプトを訪れる、一般の旅行者の方も水で苦労する人が多いようです。水が合わなくてお腹が緩みがちになる。今回は(少々危ない場面はあったものの)「エビオス」と「正露丸」のお陰で2週間、事なきを得ました。やはり日本人には日本の薬が合うのか、信頼感から来る精神的な要素が大きいのか。。。

かと言って、水分補給が足りないとそれも大変・・・。
カイロは空気が乾燥しているので汗をかかない。水分補給を忘れがちです。
その状態で、夕食にビールを飲んだりする。アルコールを分解するためには身体の水分を奪われるらしいですから、極端な場合は脱水症状をおこして病院に担ぎ込まれる、なんてことも。。。

今は、朝晩寒いぐらいの気候になっていますから、喉が渇いて仕方ない、などということは無いですが、水あたり、食あたりには注意しないとせっかくの旅行も台無しです。
家内の帰国前夜に「ゲズィーラ・クラブ」のキャプテン、イスマイール氏が夕食に招いてくれました。イスマイール氏はトルコ系の家系らしいですが、エジプト料理とトルコ料理は似ている部分が多いとか。Cimg5958Cimg5959「ギリシャ、トルコ、エジプト。。。地中海の料理は似ているよ。」だそうです。
今回のメニュー : レンズ豆のスープ、モロヘイヤのスープ(ご飯にかけて食べる)。肉料理色々、ブドウの葉に米を包んだもの、野菜サラダ、ヨーグルトサラダ・・・。

エジプト風家庭料理のフルコースで、豪華に、そして無事に「エジプト旅行」最後の夜を締めくくりました。
滞在中の皆さんの厚意と家内の健康な胃腸に感謝!

|

« 贅沢な一日 | トップページ | 出前一丁 »

コメント

水、、、アリゾナは大丈夫ですよ。
私は大丈夫です。ほほほ。

投稿: やすキヨ | 2006年11月29日 (水曜日) 午前 12時05分

ん~、さもありなん。

投稿: びっぐふぇいす | 2006年11月29日 (水曜日) 午前 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エビオスと正露丸:

« 贅沢な一日 | トップページ | 出前一丁 »