« 黒と白 | トップページ | エビオスと正露丸 »

2006年11月27日 (月曜日)

贅沢な一日

カイロ市街を囲むように「リング・ロード」と呼ばれる道路が走っているのですが、そのハイ・ウェイは何故か「ギザのピラミッド」の南側で途切れたまま、工事が止まっています。

工事のために掘り返したら遺跡だらけで、発掘調査の準備中なんだとか。(このあたり、大阪の中央環状線、特に八尾市~三原付近と事情が似ていますね。 ・・・地元の人間にしか分らない話ですが。)
で、そのためにピラミッドの南側は「砂漠」のままおいてあります。将来的に市街化が進んで、ピラミッドに何処まで近づくのかは知りませんが、「取り返しのつかない」状態にはしてほしくないですね。

その砂漠地帯を駆け回る、「乗馬体験」に誘ってもらいました。面白かった~・・・には違いないのですが、慣れないせいで嫁も私も足腰にキタキタ。キタ。。。
「尻が割れるのよ~♪ケツが痛いのよ~♪」と、天童よしみ(珍島物語)状態ですな。

昼食の後はマァディーという町に移動して、ナイル川での舟遊び。「ファルーカ」と呼ぶ帆船で2時間かけてゆったりとナイルの川風に吹かれます。夕陽が美しい。なんとも優雅な、贅沢な一日をプレゼントしてもらいました。(尻は痛かったけど。)モタァズ君、ありがとう。でも、俺の立場が無くなるから今以上に大きく強くならないでね。

写真左から
1. ちょっと分りにくいけど後方に三大ピラミッド。右がモタァズ君。彼は乗馬に慣れているので、「暴れん坊将軍」と化して縦横無尽にそこらを駆け回っていた。
2. 焼き立てチキンに、焼き立てパン。ほっぺたがとろけそう。また食いてぇ~!
3. メル・ギルギス~マァディー付近は、その昔、幼い「イエス・キリスト」を連れた一家がローマ帝国の迫害を逃れて隠れ住み、ナイルを渡って上流へ落ち延びていった。。。という伝説にかかわりのある町だそうです。
4.Cimg5705 ファルーカには夕陽が似合う。  Cimg5764Cimg5793
Cimg5803

|

« 黒と白 | トップページ | エビオスと正露丸 »

コメント

乗馬私も経験したことあります。
またがさけそうになりました。
あはは。

投稿: やすキヨ | 2006年11月28日 (火曜日) 午前 07時02分

実は尻の皮が擦り剥けていたのであった。イテテ。

写真をお見せできないのが残念・・・?

投稿: びっぐふぇいす | 2006年11月28日 (火曜日) 午後 03時17分

あらら、たいへんです!
写真、、、ははは。。。

投稿: やすキヨ | 2006年11月29日 (水曜日) 午前 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な一日:

« 黒と白 | トップページ | エビオスと正露丸 »