« 満員御礼 | トップページ | もういくつ寝ると・・・ »

2006年12月27日 (水曜日)

タハ君のこと

エジプトに来て、数多くのエジプト人と知り合いました。大半は合気道のクラブの関係者ですがその中の1人に、「タハ君」がいます。彼は「ポリス・ユニオン・クラブ」の会員で現在2段です。

タハ君とは家が近い、という理由でポリスユニオンでの稽古日に彼の車に便乗させてもらっています。彼はほとんど英語を喋りませんし、私のアラビア語も「こんにちは」で止まったままですから、片道20分の道中は沈黙が続きます。それでも、彼の片言の英語と私のグジャグジャのアラビア語で意思疎通を図っています。ま、最低限のことは何とかなるものですな。合気道の話とか、腹減った、とか話題も限られてるし。

よく、サンドイッチやジュースもおごってもらいます。
『俺が、払うってば!』
「いや、ここは俺の国だから俺が払う。センセイは出さなくていい。」

さて、今日(26日)はポリスクラブでの今年最後の稽古日でした。
いつもどおり、8時に迎えに(私の家の前に来た合図は携帯の「ワン切り」)きてもらって、クラブに向かう途中のこと・・・。

『タハよ、あれは何だ?』
・・・ハイ・ウェイ上で1台の車がエンジンから火を噴いています。 ドッヒャ~!
「センセイ、ワンミニット(ちょっと待ってくれ)」
彼はためらうことなく、すぐさま道端に車を停めて、消火器を持って (車内に常備してるのもスゴイが、装備することは義務付けられているみたい) 助けに走りました。 カッコイイ! ほとんどの車がトラブルを避けて通り過ぎていく中を・・・。おかげで、大事にならずに済んだ。

「OK。ハラース(終わったよ)」と言って再び走り始めました。が、飛び出した拍子に彼の携帯電話は路上に落ちて、ハンズフリーセット (ワイヤレスの、耳に掛けるタイプ) も壊れてしまいました。
「ま、しょうがない。気にしねぇよ。」

で、稽古を終わっての帰り道。
「センセイ、ワンミニット。友達が電話してきた。助けてくれって言うからちょっと寄り道だよ
。」
どうやら、路上で車が故障して立ち往生してるらしい。やがて二人の男とボンネットを開けた車が見えました。ちなみに時間は深夜の12時。
タハ君、「電気系統だな。」と、5分ほどで修理完了。「OK。ハラース」・・・カッコイイ! 「ショクラン  (サンキュー)!」 その車は男の1人を乗せて走り去る。あれ?もう1人はこちらの車に乗り込んできた・・・?

事情を聞くと、タハ君の友人アムル君が歩いているとき、立ち往生している車を見つけた。修理屋も近くにないし、第一この時間じゃ閉まってる。で、タハ君に助けを求めた。 ( 彼は器用で親切なので有名らしい。さもありなん。 ) 故障者のドライバーとはタハもアムルも面識は無い。ほんの通りすがりだったそうな。
私: 『タハよ、お前さん、いいヤツだな。』
タハ: 「センセイ、困っている人を助けるのはイスラムの教えなのさ。」
アムル: 「そうさ、でもタハはほんとにいいヤツなんだ。」
いやいや、二人とも素晴らしいですよ。

タハ君。茶目っ気があって、親切で、私のアラビア語のセンセイで、合気道が大好きで・・・。でも、今日はあらためて「惚れ直し」てしまいました。まったく、よい友人と知り合えたものです。


|

« 満員御礼 | トップページ | もういくつ寝ると・・・ »

コメント

めちゃめちゃいい話じゃないですか!
タハさんかっこいいですね~

投稿: しんや@大府 | 2006年12月27日 (水曜日) 午後 12時54分

カッコエェでしょ?

「ポリスクラブ」とはいうけど、彼は民間人なんだ。

「センセイ、遅くなってすまない。」と言って20分の道のりを猛スピードで10分ほどで帰ったりすることもあるけど、お年寄りが道路を渡ろうとしていたら必ず停まって(普通は待たない)、隣りの車線の後続車をも停まるように促がしたり・・・。

愛すべき30歳。エジプトの男性は一般に26、7歳で結婚するらしいですけど何故、あんないいヤツが未だに独身なのか・・・。
私に娘や妹がいたら薦めますけどね。

「センセイ、旅行の土産だよ。」と、【ブレスレット】をくれたことがあったが、ひょっとして・・・俺、好かれてるかも?

投稿: びっぐふぇいす | 2006年12月27日 (水曜日) 午後 07時06分

おっと…惚れそうですw
頭より先に行動に移せる人って、男性に限らず
人間として本当に素敵です

投稿: 千夏@京府 | 2006年12月28日 (木曜日) 午前 03時04分

タハ君すごいかっこいい!!!
私をもらってくれないかしら、
独身女性より。ははは。

投稿: やすキヨ | 2006年12月28日 (木曜日) 午前 04時20分

ありゃ、恋敵?が二人も現れましたな。

ちなみに彼はアルバム「合気道who's who」の「愉快な仲間たち」(5/26)他に登場しています。

投稿: びっぐふぇいす | 2006年12月28日 (木曜日) 午前 06時46分

すばらしすぎます!
普通のエジプト人に爪の垢を煎じて飲ませたい!(笑)

投稿: 哲 | 2006年12月28日 (木曜日) 午前 06時48分

哲師匠

ありがとうございます。
皆さんの言葉を彼に伝えてやります。
ん~・・・誰か、通訳を探さねば! (勉強せぇよ)

投稿: びっぐふぇいす | 2006年12月28日 (木曜日) 午前 06時53分

惚れました!ほんと熱い男ですね。。実直というかストレートというか…カッコ良すぎです。男が惚れる男は人生の理想です。。
何故結婚しないのかっ…。もしかしたら女性には理解できない独自の美学を持ってるから、結婚できないのですかね……?
否 結婚が恋愛のゴールとは考えないBIGな男であると思います!
男 ではなく 漢 ですね(^v^)

投稿: 副島@同志社 | 2006年12月28日 (木曜日) 午後 10時00分

何故、彼が独身なのか?

実は私に惚れているからなのです・・・、ホンマかいな。
それはともかく、彼は誰からも好かれていて、付き合いも大変良いです。
盲腸の手術の3日後にパーティーに誘われても断われないぐらい・・・。

本当の話ですよ。さすがに辛そうだったけど。

投稿: びっぐふぇいす | 2006年12月30日 (土曜日) 午前 04時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タハ君のこと:

« 満員御礼 | トップページ | もういくつ寝ると・・・ »