« 英語教材 | トップページ | ばれんたいん・でー »

2007年2月14日 (水曜日)

大顔旅行社・前編~レインマン

私が学生の頃(1979~83年)は「卒業旅行」なんて言葉は無かったように思いますが今は盛んですね。ちなみに辞書を引くと「80年代後半から云々・・・」とあります。バブル経済の産物ですね。英・仏・伊・西・韓の会話辞典にもありましたから日本だけの習慣ではないのかもしれません。自分が知らんだけか?

昨年の11月に二度、妻と友人の訪問がありましたが、今回は道場の学生達が「卒業旅行」としてこちらを訪ねてくれました。四名のグループが【延べ】二週間。「卒論が未完成」の人は先に帰国する(大丈夫かいな、こいつ?)。

今の季節はエジプト旅行の「ハイ・シーズン」だそうで旅行者も多いし(年中多いけど)観光施設の入場料金も若干高くなる。

「センセイの友達なら俺達が案内してやるよ。」相変わらずエジプシャンは世話好き。いつものように「お言葉に甘えて」空港への送迎や観光の案内を助けてもらいました。

「ギザの三大ピラミッド」見学はエジプト観光には外せないコースです。普通のエジプト人の中には「行ったこと無い」人もいるようですが、私は6回目。コースから外したかった。
「名ガイド、アスカラニ君」の助けを得られたのは幸運でした。下手なガイドブックよりよほど詳しい。ところが・・・。

Cimg6738Cimg6750  その日は私の10ヶ月あまりの滞在を通じて最低の天気でした。雨は降るわ風は強いわで目も開けられない。「バビル2世」じゃあるめぇし・・・。

『雨男か雨女がおるやろ!』
「センセイ、何のことだ?」
『日本語で【悪天候】をつれてくる人のことだ。』
「【レインマン】ということか。まぁ、これもよい経験だよ。」

|

« 英語教材 | トップページ | ばれんたいん・でー »

コメント

どうもうちのお母さんことT口N美さんがお世話になりました。なんぞ日本人として恥たる行為をせんやったかが心配なところです(笑)
聞くところによると、かなりモテモテらしく…人生史上最大の春を楽しんだんではないでしょうか!あの豊穣な肉体はやはりエジプト人の好みでしょうか。チグリス ユーフラテスの肥沃な三日月とでも言いましょうか、何やら見ていて癒される土偶のごとき芳醇な肉体ですからね…。

どうもお世話になりました。

投稿: 副島@同志社 | 2007年2月14日 (水曜日) 午前 10時21分

エジプト人は例外なく客人に対しては親切です。小学生でさえ、通りかかった観光客や外人に対する決まり文句は『Welcome to Egypt!』。彼ら曰く、「世界中、ニホンジンとイタリア人のいない観光地は無いぜ。」だそうで、「イタリア人はやたらに騒がしく、ニホンジンはグループで来て、写真ばかり撮っている。」

アスカラニ君曰く、「黄色いガイドブックを片手に一人か二人でウロウロしている東洋人は日本人。」「ギザで、スフィンクスよりもケンタッキー・フライドチキンばかり見ているのは日本人。」「ピラミッドの前で『体の変向』や『入り身投げ』をしているのも日本人。」だそうです。最後のは特殊なケースですね。

投稿: びっぐふぇいす | 2007年2月14日 (水曜日) 午後 03時44分

どうも、お世話になりました。帰りの飛行機はなかなか気流が激しいところを通過してぐらぐらゆれていたので、僕が雨男だったようです!!
卒論はぎりぎりなんとかなりました。アスカラニさんたちにもよろしくお伝えください!!

投稿: ぽんと | 2007年2月14日 (水曜日) 午後 05時16分

彼らは今でも「ぽんと」が本名だと思っているようです。
「ナイルの水を飲んだ者はナイルに帰る」とか。また、『どこか』でお会いしましょう。とりあえずは、吹田かな?

投稿: びっぐふぇいす | 2007年2月14日 (水曜日) 午後 08時06分

その節は大変お世話になりました。ありがとうございました。
まだ卒業する年じゃないのに参加しちゃいました。アーリフさんには「25歳?」って言われましたけど。

ぽんとさんが帰国されてから日本の天気もしばらく悪かったと聞きましたが、本当ですかね。

投稿: くまもと | 2007年2月14日 (水曜日) 午後 08時23分

マドモアゼルorマダム様
ぽんとが動くと天気も荒れる…。日本では今日明日、悪天候じゃろ?

投稿: びっぐふぇいす | 2007年2月14日 (水曜日) 午後 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大顔旅行社・前編~レインマン:

« 英語教材 | トップページ | ばれんたいん・でー »