« 大顔旅行社~VIP再び・・・ | トップページ | 合気道 in アレキサンドリア »

2007年9月17日 (月曜日)

イエロー・キャブ

カイロ市内で一番多く目につく車両は白と黒のツートンカラーのタクシーです。エジプトのタクシーは県・行政区域によって違う色で塗り分けられています。カイロは白と黒。

何度か話題にしていますが、私はタクシーに乗るのが嫌いです。「値段交渉」、「ボッタクリ」、「整備不良」・・・。タクシーの運転手だけは私の友人達と同じ「エジプト人」とは思えないぐらい。現地人にも評判がよろしくない。
タクシー・ドライバーの評判の悪さを打開するためか、「観光立国・エジプト」政府は「メーター表示の料金で運行する(!)」 【イエロー・タクシー】を導入し始めています。まだまだ台数は少ないですが、会社は3社ほどあるようです。車体は全社とも黄色。

私は普段は出来る限りローカルのバスや鉄道に乗っていますが、止むを得ず「白黒」を利用することもある。そのときの、「タクシー料金の相場を知る」ために時々、イエロータクシーを利用することがあります。

初乗りは3.5ポンド(70円相当)。料金はメーターに表示されて、レシートで請求してきます。乗車拒否なし。エアコン完備。ドライバーはガラベイヤを着ていないし、タバコを吸わないし、靴を履いているし・・・。と、信用していたのに!Taxi A Cimg0041_2

今回、家内を案内するのに「車両がきれいでエアコン完備、安心料金」のそのタクシーに乗りました。
降りる際に見ていると運転手がレシートを丸めて傍らに捨てよった。で、「20ポンド。」
『ちょっと待てこら、メーターは12 (11.42) やったやろ!レシートを出せよ。』
運転手、すっとぼけて「え?あぁ、これ?はい、トゥエンティね。」
『アシュリーン(20)やなくて、イトナーシャル(12)やろが!』
「あれ?英語じゃ【トゥエンティ】だろ?・・・で、いくら出す?」
『12ポンドじゃ。受け取ってさっさと向こう行け!』

もちろん、こんなやつは【例外】・・・のはずですがね。
ウェルカム・トゥ・エジプト!

|

« 大顔旅行社~VIP再び・・・ | トップページ | 合気道 in アレキサンドリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエロー・キャブ:

« 大顔旅行社~VIP再び・・・ | トップページ | 合気道 in アレキサンドリア »