« ロゼッタのバスケットメーカー | トップページ | ベルリン旅行 »

2007年10月22日 (月曜日)

アラメイン

第二次大戦中の北アフリカ戦線でもっとも有名なのが「エル・アラメインの戦い」です。1942年にロンメル将軍率いるドイツ軍とモントゴメリー元帥率いるイギリス軍の間で激しい戦闘が繰り広げられ、8万人とも言われる死傷者を出しました。
・・・という知識を私は子供の頃読んだ、望月三起也氏の漫画で得たのですが、私が頻繁に行っているアレキサンドリアの街から近いということでエジプト滞在中に是非訪れてみたいと思っていました。

アラメインはアレキサンドリアから西方へ約100km。アフリカ大陸の北海岸に位置する街です。今は美しい海岸線に沿ってリゾート開発が進んでいますが内陸に向けては砂漠が広がっているだけです。
時間の都合上、今回はドイツ軍とイタリア軍の戦没者墓地を訪れただけですがイタリア軍の墓碑銘に多数の「ignoto = unknown」を見たときにはなんともやりきれない気持ちになりました。

【写真】左から ドイツ軍戦没者墓地、 出身地別の墓碑銘(これはプロイセン)、 イタリア軍墓地、 内部の墓碑銘3_24_2 (奥の方はほとんどignoto)2_2 1_2

|

« ロゼッタのバスケットメーカー | トップページ | ベルリン旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラメイン:

« ロゼッタのバスケットメーカー | トップページ | ベルリン旅行 »