« 東京編【湯治】 | トップページ | 道楽オヤジ »

2008年3月31日 (月曜日)

東京編【お礼参り】

【お礼参り】というと今ではややマイナスイメージの言葉に取られがちですが本来は「神仏にかけた願が成就したお礼に社寺に詣でること」です。

エジプトへの出発前、故事に倣って《鹿島立ち》をしたので、無事の帰国を感謝して、鹿島神宮にお参りしてきました。 
鹿島立ち:遠い旅路への出発。律令時代、東国武士が鹿島神宮で必勝祈願をしてから、大宰府のある北九州に赴いた事に由来する。 》

いまではJリーグの鹿島アントラーズの本拠地として有名な茨城県鹿嶋市は日本の武道のメッカといえる所です。「剣聖」塚原卜伝の出身地でもあります。東京駅から高速バスの直通便で2時間。1780円。樹齢数百年の木々がそびえる境内は、いつ訪れてもきれいに掃き清められていて空気も清々しい。・・・カイロとえらい違い。5 4 2 3

|

« 東京編【湯治】 | トップページ | 道楽オヤジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京編【お礼参り】:

« 東京編【湯治】 | トップページ | 道楽オヤジ »