2007年2月10日 (土曜日)

調味料

私は「食欲」が健康のバロメーターなので、『何を食べようか?』という気持ちが薄らぐと「黄信号」。
食事は毎日作りますが、たまに『ワチャ~・・・。』という出来の日もありまして、そんなときはとても不幸な気分になります。

最近、「ニンニク醤油」の作り方を妻から教わりまして、それに凝ってます。作り方も簡単。醤油の中に薄皮を剥いたニンニクを漬け込んで2、3日おくだけ。煮物、炒め物に使っています。香りもよくて、食欲も増します。

おかげで「不幸な日」が減りました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月曜日)

うどん

衣食住、なんていいますが私は『食』が一番重要だと考えています。
ぼろをまとっていても、野宿をしても生きていける(現実には難しいですが)けれども、『何も食べない』と生きていけない。という単純な理由からです。

そんなわけで以前から、『食』に関しては注意を払っています。
といっても難しいことをしているわけではなく、「歯の種類、その比率に応じて食べる。」という説に従って、肉を食べたらより多くの野菜を摂る、という程度です。はたから見ているとただの「食い意地の張ったおっさん」に見えるでしょうが、とにかく食べることに関しては「贅沢はしない」けど「手抜きもしない」。むしろ、手間を楽しみたい。

・・・そんなある日突然、『食いたい・・・。う、うどんを・・・食いた~い。』という「(談合事件でおなじみの)天の声」ならぬ「腹の虫」に促がされてスーパーの輸入食材のコーナーに行きました。
確かこの棚に乾麺が・・・・・・売り切れ。
ムム、さすがに2ヶ月は残らぬか。やや!味噌までも売り切れとは!在留邦人のマダムの目は逃れられぬか・・・。残念!

「今回はあきらめるか・・・。」
『いやだ~い!どうしても食いたい!』
「よしよし、わかった。」・・・どうしても腹の虫には逆らえない。「今日のところはタイ製のビーフンで代用ということで我慢しておくれ。」

ダシは「ほんだし」その他を調合して出来上がり。ネギも露天の野菜売りの婆さんから一束5円ほどで入手。買出しから、半日かけて出来上がった「かけうどんモドキ」を10分ほどで食べ終わったという、またその記事を1時間近くかけて書いている、平和な一日でした。

・・・断わっておきますが、今日もちゃんと稽古しましたから!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日曜日)

カジノ・ロワイヤル

・・・といえばずいぶん昔、故・ピーター・セラーズ主演の映画がありましたが今回はパロディーではなくて本家007シリーズの最新作。

カイロ市内には大小様々な映画館があります。料金は20~25ポンド(1ポンド=約20円相当)。場末の安いところでは8ポンド、なんていうところもあるらしいですが、今日は早朝(その日の一回目の上映、という意味です)割引で15ポンドでした。
今日行った「タハリール・シネマ」はカイロでも老舗の大きな劇場です。客席はざっと600席あまり。街のあちこちには国内外のいろんな映画の看板が出ていますから娯楽としては人気があると思うのですが、さすがに平日の昼間は客がいない。私と、あと2~3人。
近年は大資本の系列の劇場が次々にオープンして、客はそちらに流れていっているそうです。

Cimg6248客席に案内されるとスクリーンではTVで放送されているようなCMが流れていて、間もなくMGMのライオンが吼えはじめました。
ボンド・カーはやっぱりアストン・マーチンがピッタリきますね。相変わらずカッコイイ。今回はそれよりも「携帯電話」の活躍の方が際立っていましたが。それとパソコン。どちらもSONY製。SONYのブランド力は強いですね。(・・・よく考えると、SONYはこの映画会社の親会社でした。サザエさんの一家が東芝製品を愛用しているようなものか。)
エジプトで観るジェームス・ボンドは幸い、英語を喋ってくれていました。字幕はアラビア語。日本語皆無。こういうときはアクション映画に限りますね。あまり人間関係が複雑なのは疲れてしまう。
今はインターネット上で作品のHPがありますから、それで予習していけば何とかストーリー展開にもついていけますが、やっぱり「戸田奈津子」さんが恋しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土曜日)

20の質問

20 Q(トウェンティー・キュー)という携帯ゲーム機があります。アメリカで2003年頃に売り出されて、日本でも一時話題になったのでご存知の方も多いかと思います。
20個の質問に回答することで、自分が頭に思い浮かべた「ある言葉」を機械が当てるというものです。

こちらの合気道の生徒のアスカラニ君には日頃からなにかと世話になっています。今回、家内が遊びに来るにあたってもあちこち案内してもらうことになっていたのでそれも含めてお礼が出来ないかと考えていました。
彼は電子工学専攻の大学生ですので「
20 Q」がウケるのではないか、と思い至ったのですが、日本国内では「日本語バージョン」しか手に入らない。
そこで、下旬に遊びに来た、アメリカ在住のH君に「元祖・20 Q」を買ってきてもらいました。・・・私の分も一緒に。

早速試してみました。「ピラミッド」「パソコン」「携帯電話」「写真」は見事正解。「ミイラ」「米」は延長戦 = 25個目の質問で正解。
その他も含めて8~9割くらいの正解率です。・・・質問を理解するために辞書を引かなければならないのがちょいと情けないですが。

061104_20q_series2 後日、アスカラニ君に感想を聞くと一家で大好評だったようです。母上は、半ばパニックになっていたとか。
あなたも話のタネに、いかが?


| | コメント (2) | トラックバック (0)